2×4 ツーバイフォー 工法・構造について

断熱・気密性能

いつまでも強く美しい住まいであるために。信頼できる工法、外壁材を選んでいます。

住まい全体をすっぽり包み込む、外張り断熱工法。

外張り断熱工法は、柱や梁まですっぽりと家全体を切れ目なく断熱材で包み込みます。 外壁の外側で断熱するので、壁体内も室内との温度差が少なくなり、結露の可能性も減少。また、柱と柱の間に断熱材が入らないため、柱が常に空気と触れた状態になり、柱の耐久性向上につながります。

さらに従来デッドスペースだった柱の間に収納や飾り棚を設けるなど、空間を有効に活用できます。

外張り断熱工法イメージ図

外張り断熱工法は、家の中の熱を外へ逃がさず外気の影響を受 けにくい、断熱性能の高い住まいを実現。冷暖房を切った後も 快適な温度が続くため、CO2の排出量を削減するとともに、電気代の節約にもつながります。


フェノールフォームと外張り断熱工法施工例

超高性能フェノールフォーム断熱材を採用

外張り断熱材としてプラスチック系のフェノールフォーム断熱材を使用。一般的な断熱材である ポリスチレンフォームやグラスウールをなどと 比べると、2倍以上の高い断熱性能を誇っています。


光の力で家と空気をキレイにする外壁スタイル。

ドライ工法は吹き込み用グラスウール断熱材にサンブロードライを使用する、壁・床・屋根の乾式吹き込み断熱工法です。接着剤を使わなくとも沈下の心配がないので高い断熱性を恒久的に維持します。

さらにこのドライ工法に籾殻炭素を取り入れたのが、「エコブロー+C」。籾殻炭素はお米のもみがらを無酸素原理法で製造した炭素(C)で木炭や備長炭と同じパワーを持ち、不燃性と分解効果を発揮します。

施工中の様子


もみがら

もみがら炭素の効果

・有害物質の吸収、分解/消臭
・調湿/遠赤外線の温熱効果
・電磁波緩和/ラドン吸収
・空気をマイナスイオン化/ミネラルパワー


隙間をしっかりとふさぐ、入念な気密施工。

気密層が途切れないように細心の気密施工を行っています。床・天井と壁の立ち上がり、小屋裏の配線などは気密テープで、窓廻り、配線・配管などはウレタン充填で隙間処理。外面部のコンセントは気密ボックスで覆い、配線をウレタン充填します。

また浴室も気密テープ、ウレタン充填で隙間をしっかり遮断します。

床と壁の立ち上がり気密施工


施工イメージ画像

屋根はスタイロフォームで遮音・遮熱。

屋根のスタイロフォーム

外張り断熱工法は、家の中の熱を外へ逃がさず外気の影響を受 けにくい、断熱性能の高い住まいを実現。冷暖房を切った後も 快適な温度が続くため、CO2の排出量を削減するとともに、電気代の節約にもつながります。


サッシに高性能断熱複層ガラスを採用。

住まいの中で最も熱が逃げやすい開口部には、アルゴンガス入りのLow-Eペアガラスを採用。断熱性はもちろん遮音性にも 優れています。

また北側の開口部や大きな開口部にはトリプル2層ガラスまたは、2枚の板ガラスの間に真空層を設けた、高断熱の真空ガラスを ご提案しています。